「希望の丘はだの」とは

社会福祉法人かながわ共同会の基本理念

社会福祉法人かながわ共同会は、
誠実と信頼を旨とし、人権に根ざした利用者本位の考え方に立ち、多様なニーズに対応する支援体制の整備、サービスの量的、質的充実につとめ、利用者と地域社会の繁栄に貢献するとともに社会的な法人としての価値を創造していきます。

「希望の丘はだの」は、就労を希望する方、グループホーム等を利用(活用)した地域生活への移行を希望する方を対象に、施設入所・通所の形態で就労への移行や地域生活への移行を生活介護・生活訓練・就労移行支援の3つの昼間サービスによって支援する多機能型支援施設です。

生活介護では、グループホーム等への移行を想定して生活全般の安定を図る支援を提供します。地域生活移行に向けた課題や介助・支援のポイントを整理する利用期間とし、個々の特性に合わせた生活環境への移行を推進します。また、自立生活を目指す生活訓練や就労移行支援の利用へのステップアップも目指します。

生活訓練では、2〜3年の期間を設け、生活スキル習得プログラム及び製パン・園芸・受注作業等の作業活動を通じて、就労への移行や地域生活への移行を目指します。

就労移行支援では、環境整備(清掃・修繕)、製パン・喫茶店舗の作業活動から、就労に向けたスキル取得、ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)を通して就労支援に向けたスキル取得を目指します。職場体験・実習等を行い、就職説明会等の参加、履歴書作成、ハローワーク登録等の就職活動も支援します。

施設案内

Facility information

「希望の丘はだの」では、10名単位のユニットで共同生活を行うユニットケアを行っています。

ユニットケアとは、自宅に近い環境において、他の入所者や支援スタッフと共同生活をしながら、入所者一人ひとりの個性や生活リズムに応じて暮らしていけるようにサポートする支援方法です。

入所者個人のプライバシーが守られる個室と、他の入所者や支援スタッフと交流するためのリビングスペース(共同生活室)があり、一人ひとりの個性と生活リズムを尊重したサポートを行います。

施設入所支援 定員 40名
短期入所支援 定員 2名
通所支援 定員 10名
昼間サービス(多機能型) 生活介護 定員 30名
生活訓練 定員 10名
就労移行支援 定員 10名

モデルプラン(支援学校卒業生一例)

Model plan